ヨガ

ヨガでもお馴染み!世界最高の万能オイル・ギーを作ってみよう

投稿日:

切っても切れない関係であるヨガとアーユルヴェーダ。

今回は、アーユルヴェーダでお馴染みのギーをご紹介します。

ヨガをしていると、アーユルヴェーダやギーというワードをよく耳にしますよね。

ギーはアーユルヴェーダの世界では、1000の効果があると言われている万能オイルです。

自宅でも簡単に作れて、生活にも取り入れやすいオイルになっています。

ステイホームウィークの今、万能オイル・ギーを作ってみませんか?

 

ヨガとアーユルヴェーダで心身の調和が整う

実はヨガとアーユルヴェーダどちらも実践している人は多くいます。

といのも、この2つは共に古代インド哲学「サーンキヤ哲学」をベースにしており、所謂、親戚のようなものなのです。

ですので、ヨガを深く学んでいくと必然的にアーユルヴェーダと関わり合いができます。

前述の通り、まさにヨガとアーユルヴェーダは切っても切れない関係なのです。

もう少しヨガとアーユルヴェーダの関係を掘り下げると、ヨガは呼吸や瞑想を用いて自分に向き合う(心のアプローチ)のに対して、アーユルヴェーダは食生活や治療法で肉体・精神と向き合うことを目的にしています。

ヨガとアーユルヴェーダの両方を行うことで、心身の調和を整えることが可能です。

 

たくさんありすぎる!?ギーの効用

ギーはアーユルヴェーダ料理では欠かせないオイルです。

その効用は1000個あると言われ「万能オイル」「奇跡のオイル」とも呼ばれています。

ギーに含まれている栄養素は以下の通りです。

  • ビタミンAやE
  • 共役リノール酸
  • 中鎖脂肪酸
  • 短鎖脂肪酸
  • オメガ3

このように脂肪の分解・燃焼・抑制、腸内環境の改善や高い抗酸化作用が期待できる栄養素を含んでいます。

他にも、ギーに含まれているオメガ3は熱に強いという特質やすぐにエネルギーになるというメリットもあるなど、栄養価もとても高いです。

 

では、ギーを取るとどのような効果が得られるのか気になりますよね。

ギーで期待できる代表的な効果は以下の通りです。

  • アンチエイジング
  • 免疫力アップ
  • 脂肪燃焼のサポート
  • 体力アップ
  • 消化力をアップ
  • 便秘解消
  • 関節の動きを滑らかにする
  • 筋肉の柔軟性アップ
  • 火傷の回復
  • 目の不調の改善
  • 知力・理解力・精力の向上

1000の効果があると言われているギーですので、上記の効果は一部にしかすぎません。

日々の生活に取り入れることで、心身の不調が整うことが実感できますよ。

 

万能オイル ギーは自宅で簡単に作れる

ギーの材料は無塩バターのみ。

あとは鍋、ボール、茶漉しかザル、キッチンペーパー(コーヒーフィルターでも可)があれば、作れてしまいます。

作り方もざっくりというと、無塩バターを焦がさないように弱火にかけ続けるだけです。

途中、浮遊物などが出てきたら取り除かないといけませんが、かき混ぜたりする必要はありません。

鍋底に茶色い沈殿物が見えたら、茶漉しなどにキッチンペーパーを入れて濾します。

このように、特別な材料や器具は必要ないので、思い立ったらすぐに作れますよ。

では動画で作り方をみてみましょう。

 

最終的にギーを入れる容器は、耐熱性のものを用意しましょう。

濾す時点でも、ギーは熱を持っているので耐熱性の容器じゃないと危険です。

また鍋も焦げにくいステレンス性のものがおすすめです。

 

使い道はいろいろ!普段のオイルをギーに変えるだけ

ギーは色々な使い道があります。

代表的なのはバターコーヒーですが、パンにバターの代わりに使用したり、普段のお料理の際にオイルの代わりに使ったりと使い方は多種多様です。

またパックやマッサージオイルとしても使用できます。

食欲不振の時や睡眠の質が悪いなど、心身の不調を感じた時にギーを飲み物などに入れて飲むのもおすすめです。

おうち時間が長くなる今週、ぜひ体と心のためにギーを作ってみませんか?

 

エクサネス編集部
発煙点が高いギーは揚げ物や炒め物などのお料理にも向いています。お料理の味付けに少し入れるだけでもコクが出て美味しくなりますよ。







この記事が気に入ったらいいねしよう

公式Facebookでは、人気記事の紹介、記事ネタの募集等承っています。ぜひフォローしてくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
エクサネス編集部

エクサネス編集部

ヨガ・ピラティス興味がある方々へ。新鮮な情報やワクワクする情報をお届けするサイトです。お問い合わせはこちらからお願いします。

-ヨガ

Copyright© エクサネス - ヨガ・ピラティスメディア , 2020 All Rights Reserved.