ピラティス

末端冷え性にはピラティス!温活で冷え知らずBODYに

投稿日:

10月中旬も過ぎて、だんだんと肌寒い日も増えてきました。

冷え性の人には辛い季節の到来です。

毎年、この時期になると冷えで憂鬱な気分になる人も多いのではないでしょうか。

そんな方に、今年、ぜひ試していただきたいエクササイズがピラティスです。

「ピラティス=筋トレ」というイメージがあるかもしれませんが、実はピラティスは冷え性にとても効果があります。

何をやっても冷え性が改善しなかったという人も、ぜひ一度ピラティスを試してみてください。

あなたの辛い冷え性が改善するかもしれませんよ。

 

ピラティスの腹圧と呼吸法がポイント

ピラティスはレッスン中、常にお腹を意識してへこましておくように指導されます。

力を入れてお腹をへこますことで、ぽっこりお腹の改善はもちろんのこと、インナーマッスルをしっかり鍛えるのにも効果的です。

インナーマッスルが鍛えられることで、冷え性の原因である内臓機能の低下が防げ、また活性化する効果が得られます。

内臓機能が活性化されると、基礎代謝も上がり、体内で熱が作られやすくなるので、内臓の冷えも改善することが可能です。

 

また、腹圧とともにピラティスで重要視されているのが呼吸。

ピラティス中に続けて行うピラティスは深い呼吸は、心肺機能を高めるのに効果的です。

そして心肺機能が高めることで、血流の流れの改善され、結果的に手足の冷えの改善にも影響があるとされています。

 

他にも、ピラティスといえば筋肉に効くというイメージを持つ人が多いように、筋肉量を増やすのにもってこいのエクササイズです。

実は筋肉量が少ないと基礎代謝が下がり、体内で熱が作りにくくなると同時に、血流が身体の末端まで行き渡らず体が冷えてしまう原因を作ってしまいます。

さらに水分不足や熱伝導率がよくない脂肪を蓄えた肥満体もまた、冷え性を招く原因となるのです。

筋肉量の増加、そして肥満の改善を目的にピラティスを始める人が多いのは、皆さんご存知のことでしょう。

これらの点から見ても、ピラティスはまさに冷え性の改善にはうってつけのエクササイズと言えるのです。

 

冷え性改善におすすめのピラティス動画

 

 

 

 

ピラティスと併行して食事と睡眠も改善しよう

ピラティスが冷え性に効果的なエクササイズなのは間違いありません。

しかし、どんなに日々ピラティスに励んでいても、体を冷やすような食生活や睡眠の質が悪い日が続いていると期待するような効果を得るのは難しいでしょう。

冷え性は毎日の生活を見直すだけでも対策になります。

根菜類の野菜や鶏肉、鮭、サバ、そしてニンニクやしょうがなどといった身体を温める食べ物を意識して食べ、毎晩しっかり湯船に入るなどといったことも、ピラティスと併行して行えば、より早く効果が得られますよ。

エクサネス編集部
自律神経の乱れも冷え性の原因となります。自分に合ったストレス改善法を見つけるのも冷え性改善の近道です







この記事が気に入ったらいいねしよう

公式Facebookでは、人気記事の紹介、記事ネタの募集等承っています。ぜひフォローしてくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
エクサネス編集部

エクサネス編集部

ヨガ・ピラティス興味がある方々へ。新鮮な情報やワクワクする情報をお届けするサイトです。お問い合わせはこちらからお願いします。

-ピラティス

Copyright© エクサネス - ヨガ・ピラティスメディア , 2020 All Rights Reserved.