ヨガ

毎日の太陽礼拝で心も身体もキレイになろう

更新日:

ヨガスタジオに行けば、必ず聞く「太陽礼拝」という言葉。

ヨガ未体験な人にも浸透しているヨガワードの一つですよね。

実際に太陽礼拝はビギナーのレッスンにも取り入れられることが多く、一見すると「簡単なもの」と思われがちですが、実はなかなか奥が深いものなのです。

今回は太陽礼拝について取り上げます。

エクサネス編集部
初心者の方にもおすすめです。簡単にできるのに嬉しい効果も沢山!

太陽礼拝って何?

太陽礼拝は、サンスクリット語で「 スーリヤナマスカーラ(SURYA(太陽)/ NAMASKARA(挨拶)) 」

といい、英語では 「 サンサルテーション(Sun Salutation) 」といいます。

太陽礼拝の起源については諸説あり、いつどこで生まれて広まったかは明確ではありません。

また、古代の書物にも太陽礼拝についての記述がないので、ヨガの歴史の中では比較的新しいヨガといえます。

太陽礼拝の意味は、インドで神様の一つと考えられている「スーリヤ(太陽)」に挨拶することで、太陽の恵みに感謝を捧げ、そのパワーを分けてもらうというものです。

10個以上のポーズを呼吸とともに行い、ゆっくりと体を動かしていくことで、心身共にリラックスできる効果もあります。

 

太陽礼拝のポーズの流れ

 

基本的な太陽礼拝は12個のポーズから成り立っています。

 

1、合掌のムドラー(Salutation Seal) まっすぐ立ち両手を胸の前で合掌

2、上向きの礼拝 (Upward Salute) 息を吸いながら両手をまっすぐ上に挙げる。目線は手の先。

3、深い前屈のポーズ(Deep Forward Fold) 息を吐き脱力し、手を床に付ける。胸と膝をくっつけ、目線は後方へ。

4、半分の立位前屈(Standing Half Forward Bend)息を吸い、指先を立てて、背筋と膝を伸ばす。目線は前方へ。

5、板のポーズ(Plank Pose) 息を吐きながら肩幅に手を広げて床につける。足は片足ずつ後ろにやり、腰幅に広げる。目線は下に。

6、四̪肢で支える杖のポーズ(Four-Limbed Staff Pose)息を吐きながら、肘をまげて体を支える。腕は直角にする。

7、上向きの犬のポーズ(Upward Facing Dog Pose)息を吸いながら、上体を前に滑らせるように上へ肘を伸ばして、後ろへ反らす。足裏を上にし、胸を上に向ける.。

8、下向きの顔尾犬のポーズ(Downward Facing Dog Pose)息を吐きながらつま先を前方へ向け、おしりを高く上へ突きだす。後方に重心をかける。

9、半分の立位前屈(Standing Half Forward Bend)息を吸いながら、足を片足ずつ手のところに持ってきて、半前屈する。

10、深い前屈のポーズ(Deep Forward Fold)息を吐きながら、肘を曲げて床に手のひらをつく。胸と膝をつけるようにする

11、上向きの礼拝 (Upward Salute) 息を吸いながら両手を合わせて上にあげる。おなかをへこますのがポイント

12、山のポーズ(Mountain Pose)息を吐きながら、両手を胸の前へ。

 

この流れが基本的な太陽礼拝です。

 

少しポーズの数が増えて、チャレンジな太陽礼拝もあります。

 

一般的に、日本では基本的な太陽礼拝を「太陽礼拝A」

難易度が上がったものを「太陽礼拝B」と呼ばれています。

 

太陽礼拝で心も身体もすっきり

太陽礼拝をすることで、もたらせる効果は

ダイエット効果

体の柔軟性のアップ

体質改善

肩こりなどの改善

精神的なリラックス

が挙げられます。

一日、一回行うだけで身体と心の変化を感じることができますよ。

ぜひ、日常の中に太陽礼拝を取り入れてみてくださいね。

エクサネス編集部
流れを覚えてしまえば、いつでもどこでもできちゃいます♪







この記事が気に入ったらいいねしよう

公式Facebookでは、人気記事の紹介、記事ネタの募集等承っています。ぜひフォローしてくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
エクサネス編集部

エクサネス編集部

ヨガ・ピラティス興味がある方々へ。新鮮な情報やワクワクする情報をお届けするサイトです。お問い合わせはこちらからお願いします。

-ヨガ

Copyright© エクサネス - ヨガ・ピラティスメディア , 2020 All Rights Reserved.